主な異常脱毛の種類について

・主な異常脱毛の種類について

 種類  特徴
壮年性脱毛症 青年期や壮年期の一部の男性で前頭部や頭頂部の髪が薄くなります。毛包が消失して髪が薄くなるのではなく、ヘアサイクルの成長期が短くなり、毛髪が細く、短くなる事で、薄くなっていきます。
産後脱毛症 出産後の女性の抜け毛が増えたり、髪が薄くなったりします。妊娠中は女性ホルモンの影響により、本来ならば成長期を過ぎて抜け落ちるはずの毛髪が成長し続けます。しかし、出産後に女性ホルモンのバランスが元に戻り、それまで生え続けていた毛髪が抜け落ちる事で、抜け毛が増えたり、髪が薄くなったりします。個人差はありますが、半年〜1年程で徐々に回復します。
脂漏性脱毛症 毛穴の詰まりや雑菌の繁殖により、毛髪が抜け落ちます。皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まることが原因であると言われています。
円形脱毛症 ある日突然、毛髪が抜け落ち、10円玉程度の円形の脱毛を招きます。脱毛の部位は1箇所の場合もあれば、数箇所同時に発生する場合もあります。自律神経の異常、自己免疫説、ストレスなどの原因が考えられますが詳しい事は分かっていません。
ダイエットによる脱毛症・ 極端なダイエットにより抜け毛が増えたり、髪が薄くなったりします。毛髪の成長に必要な栄養が不足してしまうことが原因であると言われています。

詳しくは、頭皮の異常!薄毛の様々な症状と脱毛症の予防対策についてを美容師が徹底調査してまとめてみた

・髪と関連の深い栄養素

通常、食事が原因となって脱毛を招くことはありませんが、極端に欠乏すると脱毛を招くと言われいる栄養素があります。

その代表例が亜鉛です。亜鉛は皮膚や毛髪の生成に重要な役割を果たしている栄養素で、点滴のみで栄養を管理されている方や極端な食事制限を受けている乳幼児などで、亜鉛欠乏による脱毛が見られる事があります。

その他、ビタミンAビタミンB群などが極端に欠乏した時にも脱毛を招く事があります。

 栄養素  含まれる食材
亜鉛  牡蠣、かずのこ、ひじき、のり、きなこ、みそ、豆腐など
ビタミンA  なぎ、にら、人参、かぼちゃ、緑黄色野菜など
ビタミンB群  納豆、レバー、セロリ、ほうれん草、小松菜など

詳しくは、【7種の髪に良い食物】産後の抜毛の対策にいい食材についてをまとめてみました

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.