【コンビニのおにぎりを30秒で食べれない!?】実際に20歳の男の子で実証してみた | 写真 動画付

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

最近、YouTubeで噂になっている事があるのって知っていますか?

コンビニのおにぎりを30秒では絶対に食べれない!?って言う謎の噂があるらしいですね。

謎というかくだらなすぎな噂です。

そんなくだらなすぎな噂が大好きスタッフ達。

そんな事で騒ぎ、実際にやってみようという話をしていたので、そうなると面白そうな案件な気がしてきたので、それを見逃す道理はないと思い、くだらないですが面白そうな実証に付き合おうと思います。

くだらないと言いつつも、付き合うとなれば本気です。当然でしょう。

本当に30秒で食べれないのか?

まずはキチンと整理していきましょう。

ルール説明

  • コンビニのオーソドックスなおにぎり(具材は自由)
  • 時間制限は30秒
  • 飲水禁止
  • 最後に残っていないか確認

ぼく流の考察をすれば、かなり厳しい競技です。ぼく自身は全くできるイメージが湧きません。

水があるのであれば流し込む作戦ができますが、それが通用しませんし、一番の問題となるのはである事です。

米粒というのは、はぐきにくっついてしまう食べ物ナンバーワンです。そして、はぐきにくっついてしまう事で敗北は決定してしまいます。舌で探している間にタイムアップになりますからねぇ。かなり効率が悪いはず。

食べ方もかなり考えなければいけなく、加えて身体のコンディションも重要になります。

さて様々な課題がある競技でどう立ち向かうのでしょうか。

それでは選手の紹介です。

style=”display: block;”

 

エントリーNo.1 中田凌宏(なかたりょうこう)

自称ビーウェーブ1の大食いです。

エントリーNo.2 山中修杜(やまなかしゅうと)

自称ビーウェーブ1のオタクです。

 

開始1分前・・・

準備中です、神経がピリピリしています。

競技開始前にはしっかりと水分補給が大事です。

2人とも緊張しています、

横ではオーナーも暖かく見守ります。

うん、飲み方がなんか嫌ですね・・w
さて、それでは始めていきましょう。

第1レース


オーソドックスに大きく食べ口に入れたあとに噛み飲み込む作戦です。しかし後半で飲み込む力が弱まりあえなく撃沈です。

結果は残念・・

第2レース

意外や意外、かなりの大健闘!オタクのくせにやりましたよ!!それにしても、おしい!!!作戦勝ちです、少量だけ口に入れ飲み込む、体力勝負ですがお見事です、ただただキモい!!

最後に米がでてしまいアウトですが、おしい!

と横で見ていた中田のモチベがアップ!コンビニに走りにいきました。こんなニッチの案件には燃える(萌える)事ができる2人です。

と言う事で・・

 

第2ラウンド

さぁ、ラストチャンスです。

この競技はかなりの消耗戦(お腹にたまるらしい)なので延長戦は無理です。

 

結果は・・

2人の大健闘の結果、いけない事はないですね。

コンディションにもよるし時間帯にもよるかもですね、朝や夜だと疲れもあり口が乾燥しやすくて米粒がくっつく恐れが大きいです。

しかし30秒でコンビニのおにぎりは食べれない事はないという事ですね

中々の結果になりました。

2人の競技後の感想は・・

中田・山中「おにぎりはゆっくり食べたい・・」

だそうです。ふふ。

あ〜おもしろかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA