シャンプー

ムラシャン(紫シャンプー)の効果的な使い方と色持ちをよくする方法

 

あなたは、ムラシャンについてどのくらい知っていますか?

外国人風のカラー(ブリーチカラー)をすると髪はとてもキレイな髪色になりますが、その時に言われるのが、「ムラシャンを使った方が良いですよ!」ということ。

ぼく自身も伝えることでもあります。

しかし、なぜムラシャンが必要なのかを知らない人が多いので、なぜムラシャンが必要なのかを分かりやすくまとめてみました。

この記事のポイント

  • ムラシャンの基本
  • なぜムラシャン?
  • ムラシャンをしない方がいい人
  • ムラシャンの使い方
  • ムラシャンの頻度
  • ムラシャン
  • ムラシャンの効果と性能

 

キレイな髪色を持続させるためには、ムラシャン使い方はとても重要なポイントになります。

しかし、おすすめはされたものの・・・

ムラシャンって何?紫なシャンプーって事ぐらいは分かるけど、なんで紫?

そう思っている人が多いのが現状です。

そこで、いやムラサキって色はとても重要なんですよ!って毎回お伝えしています。

 

でも、わからない人のためにムラシャンがなぜ必要になるのかをわかりやすくお話します。

 

ムラシャン(紫シャンプー)

きし
きし
まずは、紫シャンプー(ムラシャン)について知りましょう。
つま
つま
普通のシャンプーとの違いもたくさんありますよ。

ムラシャンとは、HC染料の含まれた紫色のシャンプーのことです。

当然ですが、シャンプーなので界面活性剤も入っているので汚れも取れるし、その上で染料も入っているのでカラーサポートもできるとなれば一石二鳥となるシャンプーです。

 

HC染料とは?

HC染料とは、HC染料は2001年4月の化粧品規制緩和により、新たに使用可能となったヘアカラー用の原料で、ヘアマニキュアやカラートリートメントだけでなく、化粧品で利用されている染料です。

あわせて読みたい
HC染料について|美容師が酸性カラーに含まれる染料を分かりやすく解説 「塩基性カラー」ってご存知ですか? 塩基性カラーとは、普通には聞き慣れないヘアカラーですが、一般的なドラッグストアなどでも...

 

ジアミンフリーなので、頭皮にアレルギーがある方も染みることがなく、安心して使うことができます。

 

ムラシャンがおすすめの人

どんな人にムラシャンをおすすめするかというと、髪色をキレイにキープさせたい人です。

「色持ちが悪い」「すぐ色がなくなる気がする」「色を簡単に長持ちさせたい」という人にはうってつけのシャンプーです。

 

  • ブリーチ毛全般
  • ブリーチカラーしてる人
  • アッシュ系カラーを長持ちさせたい人
  • 髪の黄色っぽさが気になる人

 

つまり、ざっくりムラシャンを紹介すると、ヘアカラーのサポートができるシャンプーということになります。

キレイな髪色というのは、退色するのも早いです。

例えば、ブリーチカラーの退色目安として・・

  • 1週間〜 色が薄くなってくる
  • 2週間〜 色が抜けてくる
  • 3週間〜 黄色みがでてくる
  • 4週間〜 染め頃。カラーがおすすめです

最長でも4週間、つまり1ヶ月ほどで退色する目安になります。

え〜早すぎるよ〜

と思うけど、キレイなブリーチカラーもしたい!

そんな人にはムラシャンがおすすめなのです!紫シャンプーの染料で簡単に色のサポートをしてくれるということです。

 

なぜ紫なのか?

では、なぜ紫なのかということについてもお話します。

かなり、マニアックになるので難しいようなら、とばしてくださいね。

ヘアカラーには補色というものがあります

補色とは、アンダーの元ある髪色に対し、反対の色をアプローチすることで狙った色に持っていくカラー技法の1つです。

  • 「赤」←●→「緑」
  • 「黄」←●→「紫」
  • 「青」←●→「橙」

 

髪は三原色というものが存在し、濃い順から「青」「赤」「黄」となっています。

これらは抜けていく順にもなっており、ブリーチカラーなどをすると金髪になるのも、青と赤が抜けていくために最終的に黄色になっていくのです。

 

キレイな髪色にするためには青と赤をブリーチやヘアカラーで削る必要があり、残った黄色をカラーリングでキレイにしするが、それでは色が抜けやすい

その時に紫シャンプーを活用することで、色持ちが悪いとされるブリーチカラーなどの効果を底上げしてくれる役割があるのです。

つまり、ヘアカラーの補色の役割として紫が良いのです。

逆にムラシャンおすすめしない人

逆に使わない、おすすめをしない人も存在します。

と言うか使っても効果のない、むしろ逆効果の人です。

 

  • 黒髪の人
  • 色よりもヘアケア重視
  • 潔癖症の人

 

逆に、三原色ある「青」「赤」「黄」が残っているとムラシャンを使ってもあまり効果が感じられない場合が多いです。

さらに、HC染料はジアミンフリーの染料なので、ダメージにはならないということですが使うと多少髪がきしみます。

さらに紫の色に対しても潔癖の人は苦手だという意見も聞いたことがあります。

つまり、何を優先させるかが大事になるということです。

髪色なのか、髪のダメージ具合なのか、清潔面なのか、という自分の優先度に合わせて考えましょう。

 

 

【次のページではムラシャンの使い方についてお話していきます。】

1 2
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。