シャンプー

【シャンプーのパラベンって悪いもの!?】美容師が教えるシャンプー剤の知識

女性
女性
シャンプー剤のパラベンって悪い成分ですか?やっぱりパラベンフリーの方が良いんですか?そもそもパラベンって何?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

パラベンについての知識

美容師や、こういうブログをしていると、シャンプーなどの成分にある程度詳しくなってきます。

ある時に、お客様から「パラベンって悪い成分なんでしょ!?」という質問をいただきました。

……。

………。

……………。

実は、これは違うんですよね。

パラベンとは、シャンプーに必須な成分の一つなんです。

だから、ほんとは「パラベンフリー」というワードの方が悪いものだったりするんです。

そこで、今回の記事では、”パラベン”や”パラベンフリー”について、分かりやすくお話していきます。

  • パラベンについて
  • パラベンフリーについて

美容師的なアドバイスを含めてお話していきます。

かなりマニアックな内容にはなりますが、最後まで見てくれると嬉しいです。よろしくお願いします。

 

「パラベン」って悪い成分!?

「パラベン」って悪いもの!?
きし
きし
パラベンを知らない方にも分かるように、お話していきます。
つま
つま
パラベンとは、防腐剤という成分のことです。

パラベンは、シャンプーやトリートメント、それ以外にも化粧品などのコスメ系アイテムに配合される「防腐剤」の1種です。

防腐剤とは!?

防腐剤(ぼうふざい)とは、微生物の侵入・発育・増殖を防止して、腐敗・発酵が起こらないようにする、「静菌作用」を目的として使われる薬剤成分のことです。

パラベンには、総称のことで、

詳しく言うと…
  • メチルパラベン
  • エチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • ブチルパラベン

などがあります。他にもあるかもしれませんね。

パラベンの種類は、抗菌力や刺激性などの強さが異なります。

パラベンという成分としては、非常に知名度が高く、最も知られている成分の1つと言えるかもしれません。

 

パラベンは防腐剤として、商品の品質を長期間下げないための成分ですが、強い抗菌や刺激があるために、シャンプーにとって「悪い成分」として扱われていることが多いです。

そのため、最近は「パラベンフリーだから良いアイテムです!!」みたいなワードで、販売していることもよく見かけます。

パラベンの成分が、髪や頭皮に良い成分の邪魔をするため、パラベンを入れない方がアイテムとしても品質が高くなるということです。

 

個人的に、これはちょっと腑に落ちない感じだったので、ちょっとパラベンについてを調べてみました。

個人的なパラベンに思うこと
  • パラベンはそもそも悪いものではない
  • パラベンフリーの方が販売しやすいだけ
  • だからパラベンが入っているから「悪」ではない

こういう感じになりました、順番に見ていきましょう。

 

パラベンはそもそも「悪いものではない」

きし
きし
何が、一番気になるのかというと、パラベンという成分は「髪や頭皮などを悪くするものではない」ということです。

パラベンは防腐剤の一種で、それこそ髪や頭皮を良くする成分ではなく、単純にシャンプー剤に必要というだけなのですが、かといって悪くするものでもありません。

シャンプーやトリートメントのアイテムは、成分を全記載することを義務化されている上、量の多い順に記載されいるため成分を見れば一目瞭然です。

シャンプーの鮮度や質を落とすことなく、長期間保存するための成分ですが、これがなぜ髪や頭皮を悪くするのか?

もちろんパラベンの量が多ければ、髪や頭皮に良い成分を入れる量も少なくなるので、良くはありませんが、パラベンの量が多いシャンプーなどは見たことはありません。

大体のシャンプーには、入っていても数%ほどです。

 

パラベンフリーの方が販売しやすいだけ

きし
きし
では、なぜパラベンが悪いものだとされているのかと言うと「販売しやすい」からなんです!!!

パラベン成分を、悪い成分として、シャンプーを売りやすいように、「パラベンフリー」とういうような謳い文句として使っているんです。

シャンプーの評価を上げるために、パラベンを悪いものとして、シャンプー剤自体の評価を上げる。

こっちの方が悪くないですか?

ぼくは、パラベンもパラベンフリーも、悪いとは思いませんが、「パラベンフリーだから、このシャンプー(アイテム)は品質が高いです」というのはダメな販売の仕方だと、考えています。

だから、「パラベンフリーだから良い!!」みたいな感じで販売しているシャンプーや化粧品、コスメアイテムには注意してください。

 

パラベンがあるから「悪いシャンプー」ではない

きし
きし
結局のところ、パラベンは悪いものではない、ということを伝えたいのです。

パラベンとは、シャンプー剤自体の品質を高めるものであって、決して悪い成分ではないです。

というか、むしろ必須の成分なのです。

「パラベンパラベンって、さっきから言ってるけど、シャンプーにパラベンが入ってなかったらどうなるの?」って方のために、入っていないとどうなるかも説明します。

逆に、シャンプー剤にパラベンが入っていないと、消費期限が下がります。

一度、封を開けたシャンプーには空気が入り込み、シャンプー剤は酸化していきます。

すると、シャンプーの鮮度は下がり、それこそシャンプーの品質が下がります。

通常シャンプーの消費期限
  • 封を開けたもので1年〜
  • 封を開けていないもので3年〜

この期間、品質を高く維持すために必要になるのが、バラベンという成分になります。

つまり、シャンプーだけの話ではありませんが、パラベンが入っているから品質の高いアイテム、パラベンが入っていないから品質の低いアイテムではないのです。

 

番組の途中ですがCMです

ラサーナ プレミオール
プレミオールはかなりおすすめのヘアケアセットです。
シャンプーの特徴
  1. 高品質のヘアケア
  2. 頭皮にも優しい
  3. くせ毛や猫毛の方でも使える
  4. 21日間のお試しセットがキャンペーン中
厳選シャンプー&トリートメント

終わりに

きし
きし
まとめると、パラベンは悪い成分ではなくて、シャンプーに必須なのです。
つま
つま
そのため、パラベンフリーには気をつけましょう。
まとめ
  1. パラベンは悪いものではない
  2. 販売しやすいワード
  3. パラベンあってもなくても良いシャンプーはたくさんある

パラベンが入っているけど、品質の高いシャンプーはたくさんあるし、逆にパラベンフリーというけど、あまり良くないシャンプーもあります。

結局のところ、パラベンだけで判断できるものではなりません。

何を伝えたいのかというと、「パラベンフリー」だからという謳い文句には気をつけてほしい、ということです。

ぼく自身が、職業上たくさんのシャンプーを使うので、使ったことのあるシャンプーをランキングとしてまとめているので、一緒に参考にしてみてください。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
性におすすめシャンプーラサーナ プレミオールシャンプー女性にかなりおすすめするヘアケアセットで、髪を高保湿するシャンプーです。
  • くせ毛やロングヘアの女性におすすめ
  • 高保湿・高品質のヘアケア
  • お試しのコスパが最強!!

 

詳細を見てみる

 

性におすすめシャンプー

意外にも少ないメンズにおすすめできるシャンプー。効率的にも効果的にもおすすめできるシャンプー。

  • 低刺激・優洗浄のメンズにおすすめシャンプー
  • リンス要らずで効率的
  • 育毛+ヘアケアにも効果がある万能シャンプー!!

 

詳細を見てみる