【サイトマップ】おすすめ記事一覧
シャンプー

【シャンプーの必要性】シャンプーを毎日することのメリット・デメリット

 

 

シャンプーを毎日するというのは、日本だけの習慣なのを知っていますか?

欧米など海外の人は、毎日シャンプーすることはほぼなく、「シャンプーを毎日する」という文化はあまりないらしいです。

 

シャンプーは毎日する必要はないの?

と、いうわけではありません。

毎日するシャンプーを減らすことによって、たしかに髪への負担はへることになりますが、違う大きな問題になってしまうのです。

 

当記事では、シャンプーを毎日する方がいいのか?しない方がいいのか?」についてを、わかりやすくお話します。

 

毎日シャンプーは「する方が良い」のか?

きし
きし
シャンプーを毎日するべきかどうかについてお話します。
つま
つま
結論からになってしまいますが「毎日シャンプーをすべき」です。

冒頭から結論になってしまいますが、毎日シャンプーはすべきだと考えています。

これは、人によって異なる答えになると思いますが、少なからずぼくは、毎日シャンプーをすべきだと考えています。

 

日本人の風習でもある「毎日のシャンプー」ですが、毎日する方が良いのか?それとも毎日しないほうがよいのか?

これは、毎日シャンプーするメリット・デメリット(シャンプーしないメリットデメリットは逆)によって、異なるのです。

 

まずは、毎日シャンプーをすることのメリットとデメリットについて分かりやすくご紹介。

毎日シャンプーをすることの「メリット&デメリット」

あなたは、シャンプーの目的にどのような認識をお持ちでしょうか?

  1. 「汚れをおとす」
  2. 「髪をキレイにする」
  3. 「スッキリする」
  4. 「リラックスする」

さまざまな目的があると思います。

多くの人は、①は必ず当てはまります。

しかし、その他はいかがでしょうか?

①〜④まである中で、1つ、もしくは1つも当てはまらないのであれば、毎日シャンプーする必要はありません。しかし2つ以上あてはまるのであれば、毎日シャンプーする意味はあるんじゃないでしょうか。

シャンプーを毎日することのメリット

  • 清潔になる
  • リフレッシュできる
  • 頭皮の匂いがなくなる
  • 髪がキレイになる
  • シャンプーの種類にもよりますが匂いをつけれる

シャンプーを毎日することのデメリット

  • 余分なものまで落としてしまうので頭皮がデリケートになる
  • 髪もダメージになる
  • 時間がかかる
  • シャンプー代がかかる

このようになります。

ぼくは、自分も含めたすべてのお客さまには(例外は除く)毎日シャンプーをするべきだと伝えています。

それは、シャンプーをした方がキレイだからです。

 

髪だけでなく、地肌もキレイに清潔に保つためにはシャンプーは、毎日したほうが良いと思っています。

シャンプーを毎日する「必要」はあるのか?

きし
きし
次に、毎日シャンプーをする必要性もお話します。
つま
つま
必要性も踏まえているので冒頭ですべきと答えているのです。

必要性と欲望は違います

さきほど紹介したのは、どちらかというと欲望の方になります。

 

「キレイにしたい」「スッキリしたい」「清潔でありたい」そのために人はシャンプーをします。

しかし、なぜそのためにシャンプーが必要なのかを知らない人は多いです。

「シャンプーは毎日するもの」だと思っている人がほとんどですが、お風呂好きと言われる日本人であっても毎日シャンプーをするようになったのは、数十年前らしいです。

 

お風呂が家にない時代では、とうぜん毎日シャンプーなどできなかったでしょうし、桶にお湯を張って髪を洗っていたとしてもせっけんで洗っていたはずなので、今のようなシャンプーはなかったはずです。

なぜ、いまはこんなにもシャンプーが必要とされているのでしょうか?

「地肌トラブル」と「髪トラブル」を防ぐためにシャンプーが必要

傷みやすい日本人の髪や地肌は、人それぞれ特性があり、年齢とともに変化します。

 

シャンプーを毎日する理由には、地肌トラブルと髪トラブルを防ぐためという理由があるのです。

毛髪・地肌の特性を見ていきましょう。

髪質

 比率(%) 太さ
 軟毛約1680未満
 普通毛 約5080〜95未満
硬毛約3095異状
 種類 比率(%)
くせ毛83
直毛 17

硬さ、くせの有無など、髪質はさまざまです。

多くの日本女性が、縮毛や波状毛などのくせを持っています。

毛髪中の脂質

30代以降は、毛髪中の脂質量は減少していきます。

脂質量はヘアカラーなどの科学的ダメージによっても減少、脂質が減少した毛髪はツヤが低下し、パサつく傾向にあります。

地肌特性

上:健康な地肌 真中:フケのある地肌 下:赤みのある地肌

フケ、赤みなど、地肌の状態はそれぞれ異なり、地肌はさまざまな要因でトラブルを起こすことがあります。

地肌の皮脂

年齢とともに、地肌の皮脂量は減少します。

地肌を保湿・保護する皮脂の量は、年齢とともに減少します。

年代ごとの毛髪内密度

30代以降、毛髪内の密度は低下。

年齢とともに毛髪内に空洞が生じることで、毛髪内密度が低下し、スカスカの軽い感触に変わっていきます。

 

このように、地肌も髪も傷みやすいといわれている日本人は、とくにシャンプーが必要となります。

毎日シャンプーをしないことで・・

  • 皮脂がが過酸化脂質に変化する
  • 毛穴に汚れがつまる
  • 頭皮トラブルが発生してヘアサイクルが乱れる

頭皮はこのように何層にもなっているものです。

この表皮という部分に汚れがたまり、毛穴をつまらせてしまうことで、地肌トラブルの起因になります。

さらに、表皮にもターンオーバーというサイクルがあるので、毎日シャンプーをしてあげることで、このサイクルの循環を良くしてくれます。結果としてヘアサイクルの循環も良くなってくれるのです。

関連記事>>>【髪のことを知りたいのならまずヘアサイクル】美容師がヘアサイクルについて紹介

【髪のことを知りたいのならまずヘアサイクル】美容師がヘアサイクルについてを解説 髪というのは無限に生え続けるわけではなく、人間の髪は、一定の周期で生え替わっています。 「なんか最近、髪の調子が悪くなって...

 

一方で、シャンプーは2~3日に1回でいいという人もいます。

お湯で洗うだけの「お湯シャン」というもので、毎日シャンプーをすると地肌が乾燥してしまうためです。

人それぞれ頭皮環境も違うし、使っているシャンプーもそれぞれなので、地肌と髪の状態を触診と視診をして、シャンプーを毎日するべきか、どうかを決めることが重要です。

お湯シャンに変えるか悩んでいる人へ

これは、一般の人だけでなく芸能人でもされている人を見かけますが、きょくりょく控えたほうが良いです。

 

頭皮というのは汗腺という汗がでてくる部分から皮脂というものが分泌されます。この皮脂は頭皮に残りますが、空気に触れ皮脂は酸化していきます(酸化した皮脂は固くなり汚れが落ちにくくなります)。

酸化することで、過酸化脂質といわれるものに変わります。

これが頭皮のニオイの原因になるものですが、これが悪いものです。

 

お湯シャンにも、きちんとした方法があるので、なにも知らない状態で、お湯シャンに変えることは絶対にやめた方が良いです。

関連記事>>>お湯シャンの正しいやり方について美容師がまとめていきます

湯シャンの方法
湯シャンの正しいやり方|美容師が教えるお湯シャンの効果的な洗い方 こういった疑問にお答えしていきます。 湯シャンってご存知でしょうか? 最近では、芸能人やモデルさんがしている...

 

まとめ


きし
きし
まとめると、シャンプーは必ずすべきだと言うことです。
つま
つま
とくに女性には必須だと思います、地肌トラブルによって健康な髪は生えにくくなるのです。

ぼくの結論としては毎日シャンプーはした方が良いです。

 

もちろん、髪や頭皮の状態にはよりますが、それを考慮した上にしてもシャンプーを使わないほうが良いメリットよりも、地肌や髪をキレイにしたいと思うからです。

頭皮を清潔にだけできれば良いという人ならば、毎日の必要性はあまりないとは思いますが、頭皮トラブルになりかねないので、やはりおすすめはしないですね。

 

清潔好きな日本人の風習的にも毎日のシャンプーを欠かすと、逆に臭い、 ベタつき、汚れがとれきれていないために出てくるフケなど、さまざまな悩みが増えると思います。

 

毎日シャンプーをするとなると、髪への負担もあるのでシャンプー自体を、変えてあげることで髪や地肌が良くなります。

関連記事>>>【2018年版】人気の美容室専売サロンシャンプー18選!美容師が香りや成分を厳選したランキング記事!!

【サロンシャンプー30選】美容院専売・美容師のおすすめランキング
【サロンシャンプー30選】美容院専売・美容師のおすすめランキング美容室帰りのキレイな髪の秘密は「美容室のシャンプー」です。価格は高めですが、髪をキレイにするには必須と言えます。そこで髪のプロである美容師が厳選したサロンシャンプーをランキング形式でご紹介していきます。...

シャンプーを変えてあげるだけではダメですが、合わせて参考にしてもらうと、髪がどんどんキレイになっていきますよ。

 

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。