【厳選】効果がある美容室のサロンシャンプーランキング!〜様々なお悩みように!

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

シャンプーって毎日しますよね?

1日1回のシャンプーであったとしても、365日で365回もシャンプーをします、そんな毎日するシャンプーもやり方が間違えば髪にも大きな負担がかかります。

今回はそんな毎日するシャンプーのランキングをつくりました。しかしランキングといってもたくさんある髪に合うシャンプーなど人それぞれです、そのため様々な種類の紹介の前に、シャンプーの前に知ってほしいことや、やり方などをまとめてみました、是非ランキング前にご覧ください。

シャンプーについて、かなり長くなるので、ランキングだけ見たい方は下の目次メニューでクリックすると、一気にランキングまで見れるので活用してくださいね。

シャンプー選びの参考になれば幸いです。

自宅でシャンプーをするときにきをつけるべきこと

シャンプーには、どのような認識をお持ちでしょうか?

「汚れをおとす」
「キレイにする」
「スッキリする」

様々な目的があると思います。

今回のシャンプーの目的は 髪をキレイにする髪を傷めないシャンプーについてをフォーカスしています。

とにかく前提としては髪を優しく扱うということを守りましょう。

まずはお風呂前には髪をブラッシングしましょう

意外にできていないのがこのブラッシングです。

お風呂前には髪をキレイにブラッシングしてあげましょう。

ブラッシングとは?

髪を根元から毛先にかけて、優しくブラシを通してまっすぐにとくこと。ブラシは極力、めの粗いもの髪に負担のないものを使いましょう。

お風呂前には必ずブラッシングを優しくしてあげましょう。

ブラッシングをすることにより、髪についている汚れがとれるだけでなく、髪の絡まりなども一緒にとることにより髪のすすぎやすさも、変わります。

髪のすすぎはとても大切なこと

髪のすすぎを適当にしていることはありませんか?

髪のすすぎはシャンプーの土台になります、しっかりとすすぐことにより泡立ちはよくなります。

シャンプー剤+ 水分+空気との摩擦=「泡立」になります。

そして、泡立がしっかりしてるほど髪には負担が少ないのです。

シャンプーの土台ともなるすすぎは、シャワーで約2分ほどしっかりとすすいであげましょう。

そしてシャンプーは泡立が大切です

シャンプーを、手に出したときは手の上で、泡だてはしてあるでしょうか?

髪というのはとても繊細でデリケートです。髪に直接シャンプーをつけてしまうことによって髪には負担になるということを知りましょう。

手の上にシャンプーが溢れない程度(10円玉量程度)を、手の上で円を描くようにして優しく、しっかりと泡立をしましょう。

シャンプーは予洗いすると驚くほど洗いやすくなるんです

シャンプーする前には必ず予洗いをしてあげましょう。

予洗いとは、シャンプーする時の半分以下程度の量でいいので、軽く優しく洗ってあげることです。

頭皮の皮脂や、髪についたほこりなどをキレイにしてあげるのが予洗いです。顔で言うところの洗顔前のクレンジング的な役割だと考えるとイメージしやすいです。

洗髪をする前に事前に余分なものを取り除きましょう。

シャンプーをする時は頭皮をメインに洗いましょう

実は髪についている汚れなどは意外にシャワーだけでとれてしまうのです。

シャンプーがもっとも必要になるのが頭皮なのです

つまり、頭皮をメインにシャンプーで洗い、髪は手ぐしを通す程度でも十分にキレイに洗えているのです。

しかし、頭皮の皮脂がきちんと洗えていないことにより皮脂は酸化し過酸化脂質となります。これが頭皮の臭いの原因や、症状を放置していると薄毛や抜け毛の原因にもなります。

髪が長い人ほど、洗い残しがあるので耳周りや顔まわりといった、洗いにくい部分もしっかりと洗ってあげましょう。

洗う時は頭皮を傷つけないように指の腹の部分で洗いましょう

頭皮を爪などで、傷つけてしまうと炎症をおこす恐れもあるので指の腹の部分で洗うように心がけましょう。

頭皮も髪と同じくとても繊細でデリケートになっていますので優しく洗ってあげましょう。

トリートメントは手グシでキレイに

シャンプーにより髪はさらに繊細になっています。水分により髪のキューティクルは開き、シャンプーにより髪の周りの余分なものを洗い落としてある状態です。

トリートメントをする時は頭皮付近の髪から毛先にかけて手ぐしを通すようにしてトリートメントをつけましょう。さらに両の手の平で優しく間に挟み、滑らすようにして整えてあげるのも効果的です。

コンディショナー・リンス・トリートメントの違いについて

具体的にどんな違いがあるのかグラフにしてみました。

 種類 特徴
リンス髪のすべりをよくし、扱いやすくします
コンディショナー髪の表面を整えてダメージ部分をケアする
トリートメント毛髪の表面も内部も整えて、ダメージ部分をケアします

もう少しわかりやすくしますと、リンスは髪の手触りをキレイに、コンディショナーは表面をキレイにします。

トリートメントは手触りや表面、髪内部までキレイにしていくので、リンスコンディショナートリートメントといった感じになります。

もちろんそれと比例して値段も変動しています。

リンスの方が低価格なものが多く、トリートメントの方が高価格なものが多いです。

美容室ではトリートメントのみの販売のため価格に違いがある

美容室ではリンスやコンディショナーといったものは販売しておらず、ドラッグストアなど市販限定での販売になるために、消費者のコスパになっています。逆にサロン専売品は高いというイメージもついています。

どれが良いのか?

シャンプー&ヘアトリートメントとなるどれが良いのかは一概には言えません。

というのも髪は千差万別にあるようにシャンプーを同じく様々なものがあります。つまりは使ってみないとわからないというわけです。

しかし、ヘアケア品に限りは120%は髪質に関係なく「トリートメント」の方が良いです!

  1. 髪のキレイさ
  2. コスト

どちらを優先させるかにもよりますが、多少のコストはかかってもトリートメントを使うべきだと考えています。そのため今回、紹介しているのはほとんどがトリートメントです。

シャンプー剤の使用量はどのくらいなのか

適量とはどのくらいが適量なのか?

それに対して大切になるのは、レングス(髪の長さ) 毛量髪の硬さシャンプー剤の適量になります

例えば・・

 レングス(長さ) 毛量(普通)+髪の硬さ(普通)
ショート1,5プッシュ
ミディアム・ボブ2プッシュ〜2,5プッシュ
セミロング2,5プッシュ
ロング3プッシュ

という風になります。 それに加えて毛量が多いと、当然シャンプー量が多くもなりますし、髪が硬いとシャンプーの泡立が悪い場合があったり、逆に毛量が少ないと普通よりも少ないのが、適量といった風に髪質によって適量は変わります。

さらに髪のすすぎでも大きく適量は変わります

髪のすすぎを適当にしていることはありませんか?

髪のすすぎはシャンプーの土台になります、しっかりとすすぐことにより泡立ちはよくなります。

シャンプー剤+ 水分+空気との摩擦=「泡立」になります。

そして、泡立がしっかりしてるほど髪には負担が少ないのです。

シャンプーの土台ともなるすすぎは、シャワーで約2分ほどしっかりとすすいであげましょう。

様々な髪質の適量をグラフ化してまとめてみました

 レングス(長さ)毛量(少)+軟毛毛量(少)+硬毛毛量(普)+軟毛毛量(普)+硬毛毛量(多)+軟毛毛量(多)+硬毛
ショート1P1,5P1,5P2P2P2P
ミディアム・ボブ1,5P2P2P2,5P2,5P2,5P
セミロング2P2P2P2,5P2,5P2,5P
ロング2P2P2,5P3P3P3P

ロングよりも髪が長いと増えると思いきや、基本的にはシャンプー剤は3プッシュもあれば大抵の場合は事足りるので使用量の使いすぎはコスパが悪くなるので気をつけましょう。

さらに、上記のグラフは市販シャンプー剤を目安にしています。サロンシャンプーの場合は泡立も良いのでもう少し適量は少なくすみます。

そもそもシャンプーを毎日する必要はあるのか?

シャンプーは毎日するものだと思っている方がほとんどだと思いますが、お風呂好きと言われる日本人であっても毎日シャンプーをするようになったのは、数十年前らしいです。

しかしそれが必要かどうかは別の話になります。

お風呂が家にない時代では、どれぐらいの頻度で銭湯にいっていたのかはわかりませんが、少なくとも毎日ではなかったでしょうし、桶にお湯を張って髪を洗っていたとしても石鹸で洗っていたはずなので、今のようなシャンプーはなかったはずです。

つまり昔は毎日シャンプーをする必要はなかったということになります。

しかし、今の時代では毎日シャンプーをする必要はあるのではないでしょうか?

美容師さんは、毎日シャンプーしたほうが良いという方がほとんどです、ぼくもそのうちの1人ですから。

だって、皮脂は毎日分泌されるし、皮脂が毛穴に詰まったりすれば抜け毛やニオイの原因にもなります。

一方で、シャンプーは2~3日に1回でいいという人もいます。お湯で洗うだけの「お湯シャン」というもので、汚れのほとんどが落ちるいう人もいてますし、毎日シャンプーすると地肌が乾燥してしまうからというのがその理由です。

皮脂がお湯で洗っても落とせるのであれば確かに余計に頭皮に負担をかけるシャンプーは必要ないといえば必要ないかもしれません、確かに、シャンプーの界面活性剤とは頭皮や髪の汚れなどを落としてくれますが、逆に言えば刺激になり乾燥にも繋がります。

ひとそれぞれ頭皮環境も違うし、使っているシャンプーもそれぞれですから何ともいいようがありませんけども、1つ言えるとしたら、ちゃんと髪と頭皮の状態を見て触診と視診し、シャンプー毎日するべきか、どうかを決めること、そしてシャンプーするにしてもいくつかの種類から選べる状況にしておくというのが理想です。

ノンシリコンシャンプーって何?

ノンシリコンシャンプーとは、どのようなシャンプーのことを指しているのでしょうか?一般的にシャンプーに配合されているシリコンは、ジメチコンシクロメチコンシロキなどの成分があり、髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにする役割があります。

人体に対して刺激が少なく、安全性も高いため、化粧品などにも使われています。つまり髪をキレイにするためにシリコンシャンプーというものがあるのです。

そして、これらシリコンの成分が配合されていないものが、ノンシリコンシャンプーです。

シリコンとは?

正式にはシリコーンといい、シリコン(元素の1つであるケイ素)を化学的に合成処理したものです。

シャンプーに使用されるのは指通りをなめらかにして髪の摩擦やダメージを軽減させるためで、 シリコンは洗い流さないトリートメントやヘアワックスなどのヘアケア製品のほか、日焼け止めやファンデーションなどの化粧品にも配合されています。

さらにシリコンには2種類あります

シリコンには2種類あります。

  1. 水溶性シリコン
  2. 油溶性シリコン

に、分かれます。

水になじみやすいシリコンが水溶性シリコン

水となじみにくいのが油溶性シリコンとなります。

この水となじみにくい油溶性シリコンがシリコンの悪いもので、水となじみにくいために髪には悪いものなり、市販シャンプーによく配合されています。

なぜシリコンとノンシリコンがあるのか?

オーガニックなどはほぼ全てがノンシリコンシャンプーとなっています。

天然由来であるオーガニックなどは、頭皮や髪に優しいということをコンセプトとしてつくられていますが、その普及とともに同じようにしてノンシリコンシャンプーは髪や頭皮に良いというのが世に広まったとされています。

さらにはシリコンがあるこで、シリコンシャンプーは毛穴にシリコンがつまり薄毛になるや、シリコンがあると髪を乾かすと焼けてしまうなど、ノンシリコンのメリットばかりが大きくなり、シリコンがダメという間違った情報まで広まりました。

シリコンとノンシリコンのそれぞれのメリット

実はそれぞれのメリットというのはそれほど大差はなく、どちらが良いと言うのもないのです。

あえて分けるとしたら、

シリコンがあると髪がキレイになる成分多くなり、逆にノンシリコンは天然由来がメリットとなります。

しかし、大半のシャンプーにはシリコンが少なからず入っており、そのシリコンが水溶性シリコンか油溶性シリコンによって、次のカラーやパーマなどが入りにくいといったものの方が大切かもです。

この油溶性シリコンは、主に市販で販売されているシャンプーに多く配合されているため、市販シャンプーはあまり良くないともされています。

それよりもシリコン入りかノンシリコンよりも、自分にあったシャンプーを探すことが大切になります。どっちが良いのか?先ほどのメリットにも書きましたが、どちらがいいかというのは全くもって基準にはなりません。

つまり良いシャンプーかどうかはシリコン入りか無しかでは決めれないため、こだわりを持つほどではありません。その他の部分でシャンプーを選別しましょう。

市販シャンプーとサロンシャンプーの違いについて

大きな違いは消費者のニーズに合わせているかどうかというところです。

市販シャンプーは、主に使い心地の良さとイメージの良さ”を重視しています。

泡立ちが良くて気持ちいい」「指通りもツルツル」「いい香り」という感じです。

そして、1回の使用でも分かりやすいことが追求されています。

サロンシャンプーでは素材の美しさとヘアデザインの美しさのバランスを重視しています

できるだけ髪や肌に負担をかけないようにしつつ、カラーやパーマやカットを駆使してつくり出したヘアスタイルを楽しんでもらえるように考えられています。

市販のものと比べて泡立ちが弱かったり、ツルツル感が少ない」「値段がちょっと高い」「1回の使用では効果が分かりにくい」ということがあるかもしれませんが、使い続けるうちに”髪の状態が確実に良くなっている”と実感できるはずです。長期スパンでのケアができます。

2つの大きな違いとは?

サロンシャンプーとは、美容室といったヘアサロンで取り扱われている特別なシャンプーです。市販シャンプーとは、サロンシャンプーを低コストでつくったものです。

そのため大きな違いというのはコスト=価格でしょう。多くの消費者はまずは価格で判断することが多いでしょう。

その他にも

  1. 成分
  2. 種類のレパートリー
  3. 購入場所

様々な違いもあり、これが市販シャンプーとサロンシャンプーの違いとなります。

それぞれのメリットとデメリット

市販シャンプーのメリット

  • 簡単に泡がたつ
  • 香りがよい
  • ボトルやパッケージが良い
  • コスパに優れている
  • 宣伝で目立つ

様々なメリットがあるものの、長期間使用すると髪や頭皮に負担を与えたり、デザイン崩れ、カラーやパーマが落ちやすい、かかりにくいなどの弊害を起こす場合があります。

それはコストを抑えるために、髪にとっての良い成分とも抑えてしまった結果となります。

しかし、それ以外にはなく、髪のことだけを考えるのであればサロンシャンプーを使う以外の選択肢はありません。

そのため市販シャンプーの使わない方がいいという美容師が多いのです。

サロンシャンプーのメリット

  • 髪や頭皮に優しい
  • ヘアスタイルをキレイにする
  • ダメージから髪を守る
  • 香りなど髪だけでなく全体に良い効果がある

サロンシャンプーでのデメリットとは価格購入場所です。

コストがかかる上にサロンでしか購入できないことが一番のデメリットにはなるでしょう、かたや市販シャンプーなどはコストが安い上についでに購入できますからね。

どっちを使うべきなのか?

プロとしては美容室のサロンシャンプー一択になります。

しかし、ぼくは自分の優先度によって選ぶべきだと思います。例えば「価格>ケア」なのか「ケア>価格」なのか?自分が優先すべきことにより違うと思います。

価格を優先させたいのなら市販シャンプーを使うべきだし、髪をキレイにしたいのならサロンシャンプー。その両方ならば二刀流で市販シャンプーとサロンシャンプーを併用するといった形も良いでしょう。

価格の方が優先させたいのに高コストであるサロンシャンプーを使うのは少しずれていますし、必ずしもサロンのシャンプーを使わなければいけないことはありません。

自分にあったシャンプーを選びましょう。

オーガニックとは?

化学肥料や農薬等を使用せず、自然にある物だけを使用して作られた物の総称です。

人体に対する安全性を求める人たちにとっては、無添加よりも基準が厳しいオーガニック製品が、人体に安心、安全であるということが魅力でしょう。

つまりオーガニックシャンプーとは、化学合成農法や化学肥料は使わず有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培された植物を使用したシャンプーのことで、オーガニック認定を受けた植物成分が入っていることが前提になります。

オーガニックシャンプーの特徴

自然由来の成分を使用しているため、お肌への刺激が少ないのが特徴です。

特に、「ラウロイルメチルアラニンナトリウム」や「ココイルグルタミン酸ナトリウム」といったアミノ酸系の洗浄成分は、低刺激でかつ洗浄力もあるため、オーガニックシャンプーに使用されることが多いのです。

ただし、このようなお肌への刺激が少ない成分は通常のシャンプーの成分に比べてコストが高いため、その分シャンプーが高価になりがちです。

しかし、オーガニック植物を使っていたとしても、成分を抽出するために溶剤が使われている製品や、洗浄力が強い成分を含んでいる製品もあるため、やはり購入の際は「オーガニック」という言葉だけで判断せずに、きちんと内容を確認することが大事であるといえます。

オーガニックのメリット・デメリット

オーガニックシャンプーの1番のメリットは安心安全です。オーガニックを表記しているという事は、自然なものしか使っていないという事です。

自然なものしか使っていないシャンプーは、毎日使っても安心で安全です。肌トラブルや科学物質などのアレルギーなどを気にする人には、オススメのシャンプーです。

しかし、オーガニックシャンプーの1番のデメリットはシャンプーの使用感が悪いことです。

自然の成分しか使えないオーガニックシャンプーは、髪のコンディションを整える成分が入れれないことから、シャンプーの使用感が一般のシャンプーに比べると少し悪い傾向にあります。

昔よりは改善されてきていますが、シャンプーの泡立ちや匂い、トリートメントをした後の髪の手触りなどは、一般のシャンプー、トリートメントの方がいいと思います。

さらに消費期限なども一般のシャンプーに比べて短いこともデメリットになるでしょう。

【きしろぐ厳選】シャンプーランキング

ぼくが個人的な偏見と独断で選んでいるものとなっています。

今回のルールとしては・・

  • ぼくの個人的な意見
  • 厳選しているだけで基本的に優劣はあまりない
  • 表記順に順位
  • それぞれの悩み別に厳選

基準としては、ぼくの使いやすさと対応のしやすさがメインとなっています。様々なシャンプーを使ってきてからの結果です。

ほとんどはサロン限定シャンプーや、プロが携わっているシャンプーのみのランクインとなります。

ヘアケアシャンプーTOP5

ミルボン・オージュア

かなりの種類の多さから様々なヘアケアのサポートができます。迷ったらまずこれではないでしょうか?ヘアケアだけでなく、スキャルプケアやエイジングケアなどにも適しています。比較的バランスがとれている「クエンチ」がおすすめです。

オッジィオット


オージュアと同じくかなりの種類の多さです。天然由来なものが多く、髪もキレイになり、まとまります。匂いもオーガニックよりなのでこだわりがある方はオッジィオットがおすすめです。オーガニックよりのアミノ酸シャンプーです。

ベースメイク

エイジングケアシャンプー、30代以降に髪が急に変わったという悩みの方にはこちらのシャンプーがおすすめです。カラーやパーマにも合うオイルシャンプーなのでシャンプーを変えるだけでもスタイルのまとまりがかわります。

クイーンバスルーム



くせ毛で悩まれている方にはこのシャンプーがおすすめです。髪の保湿する成分がたくさん詰め込まれているので髪を保湿してくれます。

ZACC


ノンシリコンにこだわる人にはこのシャンプーがおすすめ。その他には細毛で悩む人にも合うことが多いです。ノンシリコンアミノ酸シャンプー。

頭皮ケアシャンプーTOP3

コラージュフルフルネクストシャンプー


頭皮のトラブルの1つであるフケやかゆみは、頭皮の乾燥からおきます。頭皮の保湿をしてくれるノンシリコンシャンプーなのでおすすめです。

マイナチュレ


頭皮のトラブルだけでなく髪もキレイにしたい人に、頭皮の潤いを保ちながら髪をキレイにしてくれるアミノ酸シャンプー

リバースケア



細毛や弾力で悩まれている方にはこのシャンプーがおすすめ。アロマの効果もあるので心身ともにリラックスできます。

オーガニックシャンプーTOP3

ハーフガーデン



植物由来成分96%以上配合のヘアケアオーガニックシャンプー。20種類のアミノ酸成分もあるので髪をキレイにしたい人にもおすすめです。

ママのためのオーガニックシャンプー


産後の髪のトラブルも解消するオーガニックシャンプー。妊娠中から出産後まで安心してお使いいただけます。ママにおすすめです。

チャップアップ



様々な頭皮トラブルにオススメするシャンプー、メンズの方から女性の方まで使えます、弾力など強度を上げてくれます。

まとめ

厳選した美容室のサロンシャンプーランキングでした、これの他にもまだまだたくさんのシャンプーはありますので、実際に合うシャンプーを見つけるのはとても難しいことです。

大切なことは、あなたにあったケア方法で対策をすることです。シャンプーの様々な違いを理解した上で髪にアプローチするように心がけてくださいね。

迷うのであればヘアケアのTOPのオージュアは間違いないですよ。

もう1度載せておきますね。

ミルボン・オージュア


かなりの種類の多さから様々なヘアケアのサポートができます。迷ったらまずこれではないでしょうか?ヘアケアだけでなく、スキャルプケアやエイジングケアなどにも適しています。その中でも比較的バランスがとれている「クエンチ」がおすすめです。

自分に合うシャンプー探しヒントになればと思います。

是非、参考に。