髪に関わるさまざまなことに特化した美容師ブログ

きしろぐ

月別カテゴリー

初めて人へ!髪に関わる役立つ記事・読みたい記事が分かる「髪知識の厳選サイトマップ」はこちら







くせ毛に効果のあるおすすめの「洗い流さないトリートメント」とくせ毛にトリートメントが必要な理由

 
  2018/02/17
WRITER
 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

あなたの髪はくせ毛で悩まれていませんか?

実は、日本人女性の約70%がクセ毛で悩んでいる方だということがわかっています。

くせ毛の女性達が悩んでいる髪トラブルは以下のようなことがあります。

  1. 広がるので髪をおろすことができない
  2. 雨が降ると髪がまとまらない
  3. ヘアケアを頑張っているのに効果があらわれない

くせ毛は、人によって違いがあり、なかなか解決できない悩みの一つでもあります。

くせ毛には、数種類のタイプがあり、扱いやすい髪にするためには、ヘアケアの方法が重要です。自分のクセ毛タイプに合ったヘアケアをしないと、髪はなかなか言うことを聞いてくれないんです。

ヘアケアの1つとしても、洗い流さないトリートメントがあります。

今回の記事では、くせ毛にはどんな洗い流さないトリートメントが良いのかを、分かりやすく紹介していきます。

くせ毛に「洗い流さないトリートメント」がおすすめになる理由

くせ毛の人には洗い流さないトリートメントはおすすめとなります。

きし

私もくせ毛なので、乾かす前などは必ず洗い流さないトリートメントをつけています♪

つま

ダメージを、受けやすいくせ毛にとって髪を保護して、髪の耐久度をあげる

これは重要なテーマになります。

くせ毛は、髪の構造でダメージを受けやすくなっています。

(健康な髪とくせの髪)

(直毛とくせ毛)
[/aside]

水分量が不均一になっているために、ダメージになりやすいのがくせ毛です。

さらに、髪は死滅細胞なので、傷んでしまった髪を復活させる事というのは、不可能です。

そのために、「いかに外的ダメージからくせ毛を守るのか」ということです。

そのために、くせ毛には洗い流さないトリートメントアウトバストリートメントが必要となります。

実は、くせ毛にはさまざまな種類があり、

自分がどのくせ毛に当てはまるのかを知ることが必要になります。

どうのようなくせ毛で、どのような強さで、どのような動きがあるのかを知ることによって改善や対策は変わります。

きし

美容師が専門的に解説すると、6種のくせ毛に分かれます。

  1. 波状毛
  2. 念転毛
  3. 連球毛
  4. 縮毛

洗い流さないトリートメントアウトバストリートメントはくせ毛を守ってくれる

くせ毛とは、ブロー&アイロンで自分のスタイリングをする土台をつくり、自分好みのヘアスタイルにする必要があります♪

つま

くせ毛にとって、重要になってくるのはスタイリングです。

その下準備でもある「ドライヤー&ブロー」または「アイロン」ですが、どちらも髪に熱作用を加えて髪をキレイにするという役割があります。

髪に対して、熱作用をすることによって、髪には少なからずダメージへと繋がります

 
 
 

これらのダメージからくせ毛を保護してくれるのも洗い流さないトリートメントアウトバストリートメントをつける理由ともなります。

もちろん、ドライヤー&ブローしない、縮毛矯正やヘアアイロンも一切使わないという選択もありますが、それではくせ毛はまとまることはありません。

やはり、少しでも髪はキレイにしたいし、ヘアスタイルはまとまりのあるものにしたいはずです。

そんな時に、洗い流さないトリートメントアウトバストリートメント」というのは、傷みやすいくせ毛を守ってくれるアイテムとなってくれます。

洗い流さないトリートメントアウトバストリートメントは、とても効果がわかりやすく、何時でもどこでも使用できるのというのは大きなメリットです。

そして、もう1つの大きなメリットは紫外線や乾燥、摩擦などの外的ダメージからくせ毛を守ってくれるということです。

傷んでしまった髪はトリートメントをしても無駄ではありませんが、効果は発揮されません。

効果を十分に発揮するためには、洗い流さないトリートメントを、傷んでしまう前から予防として使用することが重要となります。

洗い流さないトリートメントはスタイリングが効果的になる

もう1つのポイントとしては、ブローやアイロンがしやすくなるのも、大きなポイントとなります。

きし

洗い流さないトリートメントには髪を保護するのと同時に、髪をコーティングしてくれます。

このコーティング効果によって、スタイリングのしやすさが格段にあがります。

これによって、ブローやアイロンなどの熱作用がキープされやすくもなるので、もう1つのおすすめポイントでもあります。

洗い流さないトリートメントのおかげで、水分量が不均一なくせ毛が均一になり、髪の熱作用が均一に入ります。

くせ毛の髪にはオイルの洗い流さないトリートメント「リピアミューズ」

価格  2484円/100ml
ケア種類  ヘアケア
タイプ オイル
香り イランイラン

リピアミューズには12種類の天然オイルが配合されたオイル型の洗い流さないトリートメントです。

質感・成分・香りにこだわりつくられているリピアミューズはかなりおすすめです。

こんな人におすすめ

  • 細毛でボリュームが気になる人
  • 髪のダメージが気になる人
  関連記事:【洗い流さないトリートメントランキング 10選】美容師がおすすめする美容室のアウトバストリートメント!

洗い流さないトリートメントについて

ここでは、洗い流さないトリートメントの基本についてを紹介していきます。

きし

女性にとってもマストアイテムの1つで、使い始めると必需品となりますよ♪

つま

洗い流さないトリートメントとは、アウトバストリートメントと呼ばれることもあり、「アウトバス=お風呂ではない」つまりお風呂以外でつける流さなくてもよいトリートメントのことを指します。

カテゴリとしては・・

  • インバストリートメント(洗い流すトリートメント)
  • アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)

洗い流すトリートメントは=「インバストリートメント」と呼ばれ、お風呂の中で使用し、トリートメントを塗布した後はお湯などで流すタイプのことです。

それと、逆なのが洗い流さないトリートメントのアウトバストリートメントなのです。

そして、トリートメントにはいくつかのつけ方があります。

  1. デイリータイプ(毎日)
  2. ウィークリータイプ(週一度)

基本的には、アウトバストリートメントはデイリータイプ中心の構成になっています。

一見すると、洗い流さないトリートメントとはとても手間なものになります。

  • 「つけるのが手間」
  • 「あまり効果が実感できない」
  • 「そもそもつける意味がわからない」

などの意見も聞いたこともあります。

しかし、洗い流さないトリートメントには、とても重要な役割があってそれは他には代用することができない、髪をキレイにするためには、必須となるマストアイテムなのです。

関連記事:「洗い流さないトリートメントとは?」美容師がアウトバストリートメントの基礎や必要性についてを解説

洗い流さないトリートメントの種類一覧

洗い流さないトリートメントの種類についてをご紹介していきます。

きし

さまざまな種類があり、それらは髪質やスタイルによって使い分けていきます♪

つま

あなたの髪の悩みは何ですか?

髪にはそれぞれの髪質というものがあり、悩みというのもまたそれぞれとなります

洗い流さないトリートメントの種類は、髪の悩みに合わせて使い分けることによって、あなたに合ったヘアケアになります。

洗い流さないトリートメントは大きく4つの種類に分かれます。

  • ミストタイプ
  • オイルタイプ
  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ

この4種類を、髪質や悩みに合わせて使い分けることによって効果的な使い方になります。

基本的には、どのタイプの洗い流さないトリートメントをつけたとしてもキレイにはなりますが、

「洗い流さないトリートメントをつけたことがあるのだけど、自分には合っていなくて・・」

と、悩んでいたとしたら、もしかしたら種類を変えることで効果が高まるかもしれません。

関連記事:洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)の種類についてを解説していきます。

洗い流さないトリートメントの「正しいつけ方」と「タイミング」について

洗い流さないトリートメントのつけ方についてを知っていきしょう。

きし

効果的につけ方を知ることで洗い流さないトリートメントの真価を発揮することができますよ♪

つま

洗い流さないトリートメントのつけ方は、シンプルで簡単ですが適当にしてしまうと効果は発揮されません。

シンプルで簡単な洗い流さないトリートメントですが、髪には優しく丁寧につけてあげる意識をすることが重要となります。

  1. 髪を左右半分に分けて、それぞれ毛先➔中間➔表面の順につけていきます。1番保護したい毛先に多めにつけれるようにしましょう。
  2. 手のひらに洗い流さないトリートメントを適量(100円玉ぐらい)だします、手のひら、指先、指のあいだまでしっかりと均一に伸ばしましょう。
  3. 髪の内側から手を入れてもみ込んでいきます。髪に水分を入れ込むようなイメージでもみ込みましょう。
  4. 指の間でなめすようなイメージですべらしていきます、
  5. 最後に手に残っているトリートメントで顔周りや表面にもつけていきます。

洗い流さないトリートメントは、できるだけムラのでないようにしてつけてあげることで、より髪に浸透してくれるようになります。

とくに髪のひっかかりやダメージが気になるところへは、多めにつけるようにしてると効果的です。

洗い流さないトリートメントをつけるタイミング

次にどのタイミングでつけるべきなのかについても解説します。

実は、つけるタイミングによっても効果は大きく変わります。

  • お風呂上がり
  • ドライヤー前orブロー前
  • 出かける前のスタイリング剤として
  • 出かけ先での手直しに

これだけあります。

洗い流さないトリートメントのメリットは、いつでもどこでも好きなタイミングでトリートメントをつけることができるのが最大のメリットです。

そのメリットを活かすためにも、洗い流さないトリートメントをつけるタイミングについても知りましょう。

洗い流さないトリートメントを自分に合ったつけ方をすることも重要になります。

関連記事:さまざまな洗い流さないトリートメントの「正しいつけ方」を分かりやすく解説!

「洗い流さないトリートメント」と「ドライヤー」の組み合わせは最強

洗い流さないトリートメントとドライヤーとの組合せは、髪にとっても良いものです。

きし

私も乾かす前には洗い流さないトリートメントは絶対につけるようにしています♪

つま

洗い流さないトリートメントとドライヤーは、一緒に使うことで真価を発揮します。

ドライヤーというのは、基本的に熱風で髪の中にある水分を蒸発させて乾かすという仕組みになっています。

そのために熱を当てることによって、髪を傷めてしまうということにも繋がります。

しかし、乾かさないということによっても、「髪を傷めてしまう」「スタイルとしてまとまりに欠ける」ということになるので、どちらにせよ髪への負担に繋がってしまいます。

結果としては、乾かす方がもちろん良いのですが、ドライヤーの熱風で髪を傷めてしまうということも、ないがしろにするわけにはいきません。

そこで、洗い流さないトリートメントとドライヤーを組み合わせることで、洗い流さないトリートメントがドライヤーのダメージから髪を守ってくれます。

つまり、「髪のダメージからも守ってくれる+スタイルもまとまりやすくなる=最強の組み合わせ」という考え方なのです

髪に洗い流さないトリートメントをつけた後には、丁寧に髪を乾かしてあげる意識をしましょう。

ドライヤーを使うときに工夫をしてあげるべきポイントもご紹介します。

乾かすときのポイント

  1. 地肌に添わせるように大きく動かす
  2. ドライヤーの風は手の甲にあてる
  3. 乾かす順は下から上に均一に
  4. つむじからのキレイな放射線状に

ドライヤーを使うときには、髪や地肌に負担をかけないようにすることが、重要になっていきます。

関連記事:【アウトバス×ドライヤー】美容師が教える「洗い流さないトリートメント」と「ドライヤー」の使い方

ヘアアイロン前には「洗い流さないトリートメント」をつけると効果的

ヘアアイロン前には洗い流さないトリートメントでケアしてあげることが効果的です。

きし

すぐできることばかりを、集めたので参考にしてくださいね♪

つま

ストレートアイロンには、いくつかの注意点があります。

ストレートアイロンは、くせ毛もストレートにすることができる強力なアイテムですが、けっして万能ではありません

重要になってくるのが、高熱(150°〜200°)を髪に当てることからの、髪へのダメージです。

「毎日ストレートアイロンを使っていると髪がパサついてきた・・」

という悩みはアイロンを使う人にとっての、大きな悩みの1つです。

使えば使うほど髪を傷めてしまいますので、ストレートアイロン前に洗い流さないトリートメントをつけてあげることで髪の保護をしてくれるようになります。

くせ毛の人にとっては、くせ毛は最大のダメージ。

アイロンを使う人にとっては、ダメージは最大のダメージ・

つまり、「髪のダメージからも守ってくれる+くせ毛をまっすぐにする=最強の組み合わせ」という考え方なのです

アイロン前には、乾かす前につけた洗い流さないトリートメントの半分以下の量を、髪全体につけましょう。しっかりと髪に馴染ませることが重要です。

髪に水分が必要以上に残っていると、ストレートアイロンをはさんだ時に、瞬間的に高温になってしまうので、注意が必要になります。

そして、ストレートアイロンの使い方を工夫することでも、髪ダメージを軽減することができます。

すぐにできるストレートアイロンのポイント・・

  1. できるだけ優しくアイロンを握る
  2. ストレートアイロンは同じところに何度もしないこと
  3. ストレートアイロン設定温度は130°〜160°前後に
  4. まとめてせずに髪を分けながらアイロンすること
  5. ストレートアイロンを変える

ストレートアイロンは、くせ毛の人にとっては最強のアイテムです。

しかし、使い方を間違えると「髪のダメージ」という悩みにまで、逆転ましてしまいます。

「くせ毛が気になるけど、ダメージも気になって・・」

という悩みを抱えている人は少なくありません。

気づいたら、少しでも早く洗い流さないトリートメントとストレートアイロンの工夫を始めていきましょう。

関連記事:ストレートアイロンする前には「洗い流さないトリートメント」をつけることでダメージを抑える

 

くせ毛におすすめの洗い流さないトリートメントアウトバストリートメントまとめ

くせ毛に洗い流さないトリートメントがおすすめとなる理由についてをご紹介しました。

きし

くせ毛ケアにとって洗い流さないトリートメントはとても重要なアイテムなのでぜひご参考くださいね♪

つま

くせ毛の洗い流さないトリートメントまとめ
  1. ダメージの受けやすいくせ毛には必需品
  2. 洗い流さないトリートメントはくせ毛を守ってくれる
  3. ブローやアイロンがしやすくなる

髪のケアをする前に、ご自身のくせ毛の状態と洗い流さないトリートメントについてを知りましょう!

洗い流さないトリートメントには、さまざまな種類があって髪質などに合わせて選択する必要があります。

関連記事:【洗い流さないトリートメントランキング 10選】美容師がおすすめする美容室のアウトバストリートメント!

もし、他にも洗い流さないトリートメントを探しているのならばご参考にしてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
詳しいプロフィールはこちら






オージュアのサイトマップ

 

サロンカラーのサイトマップ

 










Copyright© きしろぐ , 2018 All Rights Reserved.