「髪」と「美容師」のことをテーマに発信している美容師ブログ

きしろぐ

カテゴリー

月別カテゴリー

Instagram

Twitter

Facebook

読みたい記事が分かる!おすすめのサイトマップ
【厳選】効果がある美容室のサロンシャンプーランキング!〜様々なお悩みように〜
【洗い流さないトリートメント人気ベスト5選】美容師が厳選したアウトバス・ランキング
【厳選】効果がある美容室のサロンシャンプーランキング!〜様々なお悩みように〜
【洗い流さないトリートメント人気ベスト5選】美容師が厳選したアウトバス・ランキング

デザインする洗い流さないトリートメントの「ミルボン・エルジューダFO・MO」についてを解説

 
  2017/12/09
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で美容室B’WAVEで美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマ。役立つコンテンツを日々更新しています。

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

トリートメントと言えばどんなイメージをお持ちでしょうか、

  • キレイになる
  • 髪を保護する
  • ツヤを出す

などなど、メリットはあるもののやはり気になるのはデメリットもですよね。

キレイになる代わりに、髪に重さが加わってしまったり、動きが出づらくなったりということから、トリートメントに手が伸びにくくなったりするかたもいらっしゃいます。

今回は、ヘアスタイルを動かすための洗い流さないトリートメントというラインが出たので、ヘアスタイルを動かすための洗い流さないトリートメントであるエルジューダの新ライン「FO・MO」についてを解説していきます。

エルジューダとは?

IMG 5285

動かしやすい、やわふわな素材へと導く、プロのためのデザインベースオイル

というのをテーマにしているミルボン社が販売している洗い流さないトリートメントです。

ミルボンとは?

ミルボン min

ミルボンとは1965年以降、ヘアサロン専用ブランドとして成長してきました美容メーカー社です。

ミルボンのシャンプーはもともと、美容室でしか購入できないものだったことをご存知ですか?

しかし最近では、楽天などのネットショップでも販売されており、元々がヘアサロン専用品ということもあり、品質も高く、髪質が改善した・まとまりがよい・ボリュームがアップした・などの口コミが多く、人気の美容メーカーが「ミルボン」です。

正式社名「株式会社ミルボン」。英文社名「Milbon Co., Ltd.」。化学工業。昭和35年(1960)「ユタカ美容化学株式会社」設立。同40年(1965)現在の社名に変更。本社は大阪市都島区善源寺町。業務用頭髪化粧品メーカー。引用サイト

各シリーズの良いところ

美容師をしているとミルボンの情報というのは、とても多く流れてきます。ミルボンのみ取り扱う「ミルボンサロン」というものまであるぐらいです。

そこで美容師が感じるミルボン社のアウトバスTRトリートメントの特徴をまとめ、人気の理由を解説していきます。

種類が豊富

ミルボンのアウトバスTRトリートメントは、とにかく種類が豊富なのが特徴です。

髪質を改善したいお悩みに合わせて選ぶことができるので、髪質だけでなく頭皮によってオーダーメイドでケアできていくのも種類が多いからこそです。

さらに女性はアウトバスTRトリートメントの種類が多いと、色々なものを試してみたくなってしまうので、種類の多さというのとても強い武器となります。

デザインが超魅力的

シャンプーのデザインって超重要です、それはアウトバスTRトリートメントにも同じことが言えます。中身ももちろん重要ですがボトルの見た目で選ぶというかたもいらっしゃいます。

アウトバスTRトリートメントのボトルは手にフィットしたり、デザインだけでなく色までも超魅力的なのです。

好まれやすい香り

ミルボンのアウトバスTRトリートメントは、フルーツや花など女性が好きな香りを採用しているため、香りも人気の一つです。

好きな香りでシャンプーを選ぶということも少なくありません。その香りがあなたの香りになりますからね。

エルジューダエマルジョンとの違いは?

内から潤ったやわふわな素材へと導く2つのエマルジョン、それがエルジューダです。

今回の「FO」「MO」はカットやパーマでつくったフォルムをハンドブローで表現するためのアウトバスTRトリートメントとなります。

ハンドブローだけでヘアスタイルが表現できるようになれば、フィニッシングの9割がそこで完成します。しかしそのために必要になのは、素直で動かしやすいベースつくりです。

そのためにエルジューダがサポートをしてくれます。

キューティクルに作用するバオバブオイル配合

IMG 5323

バオバブオイルてゃ、「星の王子さま」にも登場するバオバブの木からとれるオイルです。アフリカの樹齢6千年に及ぶ巨木から採取され、肌への柔軟効果・低刺激性からスキンオイルとしても使用されています。

水分保持に大切な働きをする有機酸を豊富に含むバオバブエキス※が髪に浸透して、髪の保水力を高めてくれます。

バオバブエキスとは?

アフリカのサバンナに生えるバオバブの気は、厳しい乾季を乗り越えるため、自重の3倍もの水分を蓄えます。その木の葉から採られるエキスは、水分を蓄えるために、親水性の高い有機酸を豊富に含むのです。

バオバブオイルの髪の作用

断面
バオバブオイルはキューティクルに集中的に作用します。

水分となじみながら浸透し、キューティクルの密着性を緩めて髪への柔軟効果を発揮します。均一なやわらかさを持った髪は、素直に動いて、方向付けした髪の形状も維持しやすくなります

エルジューダ×ハンドブローでデザインが自然に決まるベースつくり

エルジューダ×ハンドブローでデザインが自然に決まる、クオリティの高いベースつくりのためにエルジューダがポイントになります。

  • エルジューダFO
  • エルジューダMO
この2つの中から髪質に合ったものをチョイスします。

コシ弱く動かしづらい髪にはエルジューダFO

黄色のボトルの「エルジューダ FO」は水分保持力の弱い細い髪を、厚みをだし髪にボリューム感をつくりだしてくれる洗い流さないトリートメントです。

髪に適度な厚みをもたせつつも、しなやかでやわらかな状態に整えます。

髪に適度なコシを与える毛髪補修成分「油容性シルクPPT」配合

油容性シルクPPTがコルテックス内のタンパク密度を高めて、補強することで、コシが弱い髪質をしなやかで動かしやすい状態に整えます。

※イソステアロイル加水分解シルク

油溶性シルクPPT

硬い髪にはエルジューダMO

オレンジのボトルの「エルジューダFO」は、硬さのある髪をおさまり感のある素直な状態に整えてくれる洗い流さないトリートメントです。

やわからくなる力を高め、よりおさまり感のある状態に整えます

髪に適度なやわらかさを与えるも、毛髪補修成分「オリーブスクワラン※」配合

オリーブスクワランがコルテックスの水素結合を緩和し、柔軟にすることで硬さがある髪をやわらかく動かし安い状態にします。

※スクワラン

髪

香りのイメージ

香り
サバンナに広がる透き通った空と、立ち並ぶバオバブの木です、大自然のやわらかさと優しさをイメージしたトランスパレントフローラルの香りです。

毛先まで均一にダメージを補修

毛先まで均一にダメージを補修して髪が水分を蓄える状態にしてくれます。そのために成分の「CMADK」というものが多く含まれています。
CMADK

CMADKとは

髪と高い親和性を持つ、CMADK基を持ったケラチン由来のたんぱく質です。ダメージ部分に浸透・吸着し、健康的な美しさの髪へと導きます。

最終に向けた「デザインベース技術」

動く髪をを作るには、根本まで均一にエルジューダを塗布することがポイントになります。いくつかをご紹介します。

使用量の目安

基本は髪の長さに合わせます。

 ショートボブ  ミディアム  ロング
1プッシュ 2プッシュ 3プッシュ

毛量によって調整

 少なめ  多め
−0.5プッシュ +0.5プッシュ

順

順2

 

  1. お流し後にタオルでしっかりと水気を取ります。エルジューダの塗布の順序は髪を左右半分に分け、それぞれ毛先➔中間➔表面の順につけてきます。
  2. 使用量の半分のエルジューダを手にとり、手のひら、指先、指のあいだまで均一に伸ばしムラづきを防ぎます。
  3. 左右半分に分けた片側の内側から手を入れて毛先を握るようにしてもい込んでいきます。
  4. 中間は毛束を少し持ち上げてから手を入れ、毛先にかけて、指の間でキューティクルをなめすようなイメージですべらせます。
  5. 手に残ったオイルを再度均一に伸ばし、顔周りと表面に塗布します。表面は根本につかないよう毛束を持ち上げて塗布します。

 

ハンドブローの4つのポイント

順3

生えグセを抑えて自然な毛流れにし、デザインをキレイに出すシルエットをつくります。

 

  1. 手は地肌に添わせるように、手全体を大きく動かし、根本の生えグセを取りながらしっかりと根本を乾かしていきます。
  2. ドライヤーの風圧でくせがつかないように、ドライヤーの風は手の甲にあてながら乾かしましょう。
  3. 乾かす順序は前髪➔首周り➔耳周り➔トップの順で下から上へムラなく均一に乾かします。
  4. 自然な毛流れができると、つむじからキレイな放射線状になります。あとはスタイルに合わせてデザインをつくると完成です。

 

まとめ

いかがでしょうか?今最も人気でもあるミルボンのエルジューダ、さらに新ラインナップの「FO・MO」についてを解説しましたがいががでしょうか?

多くのかたが、トリートメントはつけてキレイにしたいけど「重くなる・・」といった概念からつけないという選択をされていたかたには魅力的ではないでしょうか。

キレイにしたいけど、重くしたくないそんな方にピッタリの洗い流さないトリートメントでした。

ぜひ、参考に。

次の記事はこちら↓

おすすめシャンプー
この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で美容室B’WAVEで美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマ。役立つコンテンツを日々更新しています。

詳しいプロフィールはこちら
 
 
月別コンテンツ カテゴリー
ワードで検索






Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.