2017/10/10

美容師が「巻き髪におすすめのスタイリング剤」と「上手にキープする巻き方」を伝授します

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

みなさんはヘアアイロンコテアイロンをお使いになるでしょうか、10年ほど前からスタイリングの主流になってきたヘアアイロンコテアイロンを使った巻き髪スタイル。

その時よりは自然な毛流れや、ふんわりボリュームといった「ナチュラルスタイル」が多くなっています。それでもヘアアイロンコテアイロンはガンガン使われているという人はいてます。

その中で最も多い悩みが「ヘアスタイルをキープしたい」ということです。

しかし、巻き髪とは横の動きです。つまり熱の力を利用して無理に重力に逆らって動きをつくるので、重力の影響をとても受けやすくなります。

きし

そのために一生懸命巻いたヘアスタイルも、時間が経つことによってとれてしまうことになります。

巻き髪がとれやすくなる要因

  1. 重力
  2. 湿度
  3. 摩擦


今回の記事では、巻き髪をキープ上手く巻くの3カ条と巻き髪する時におすすめのスタイリング剤についてをご紹介します。

巻き髪をキープ上手く巻くの3カ条

ヘアアイロンコテアイロンで巻き髪をする際には、大切な3か条があります。

キープするだけでなく上手に巻くコツにも繋がるので実践をして見て下さい。

きちん乾かす

以外に出来ていない人が多くいてる印象です。

乾いていないことでヘアアイロンコテアイロンの熱が髪に伝わりにくく、上手く巻くことができません。つまりキープすることもできないのです

しっかりと乾かすようにしましょう。乾かす前には洗い流さないトリートメントアウトバスTRをつけて髪の耐久度を上げるおくことも大切です。

スタイリング剤は巻き髪にとってベース剤となる下地の役割

乾かしたあとは、ヘアアイロンコテアイロンで巻き髪です。その前にスタイリング剤をつけましょう。ワックスに含まれているポリマーが髪の固定を促進してくれます。

ワックスのキープ力とヘアアイロンコテアイロンによる熱変性が相まって素早く型がついてくれます。

ワックスをつけたあと巻くと髪が痛む!?

ワックスをつけることによって水分が髪に付与されるために、水分が多い部分に高熱であるヘアアイロンコテアイロンをつけると過剰に熱が入り髪が痛むということがありますが、これは「ワックスを付けすぎ」の場合です

適切に使用していえば痛むことはなく、上手に巻くことができキープ力にも繋がります。


仕上げにはハードタイプのスプレー

巻き上がりにはハードタイプのスプレーで固定してあげることをおすすめします。

スプレーの特徴としては一切髪に触れずとも使用することができることでもあります。せっかく巻いた髪を崩してしまわないようにキープしましょう。

巻き髪をキープ上手く巻くの3カ条

  1. きちんと乾かす
    合わせてアウトバスTRで髪の耐久度を上げよう
  2. スタイリング剤の役割は巻き髪の下地
    付け方にも注意してキレイに巻こう
  3. 仕上げにはハードスプレー
    キレイに巻いた後は触らないようにしてい固定しよう

これらのことを意識することでキープ上手く巻くことができるようになります。

巻き髪におすすめのスタイリング剤

ミルボン ジェミールフラン ジェルクリーム+

正直、女性のかたであればこのワックスは必須と言うぐらい個人的にはお気に入りです。色んなシュチエーションで使えるだけでなく、ベース剤としてもフィニュッシュ剤としても使える万能型ワックスです。1番のおすすめワックス!

 種類 クリームタイプ
 キープ力 ★★★☆☆
使いやすさ ★★★★★
 おすすめの長さ スタイル全般

ミルボン ニゼル テクスチュアクレイ

クリームタイプに比べて水分量が少ないので軽い質感やマットな質感になってくれます。髪が細い髪や、吸水毛にはこちらのファイバーワックスがおすすめです

 種類 ファイバータイプ
 キープ力 ★★★☆☆
使いやすさ ★★★★★
 おすすめの長さ スタイル全般

ピアセラボ アルティメットスプレー

成分の水分が多いスプレーだと、つけたあと白い粉のようなものが大量にでてくるケースをよく聞きますが、これはそんなことは一切ありません。さらに少量でカチっとしてくれるので1日仕事などには適しています

 種類 スプレータイプ
 キープ力 ★★★★★
使いやすさ ★★☆☆☆
 おすすめの長さ スタイル全般

ニゼル スウィングムーブ ヴェール

固めたくない人用のフィニュッシュスプレー。水分量が多くないためベタベタせずにサラッとした質感になってくれるので、ナチュラルな仕上げをしたい人におすすめです

 種類 スプレータイプ
 キープ力 ★★★☆☆
使いやすさ ★★★★★
 おすすめの長さ スタイル全般

まとめると巻き髪にとってスタイリング剤はマストアイテム

スタイリング剤を上手く使うと、巻き髪を長時間キープすることができるだけでなくキレイに巻くことができるようになります。それだけ巻き髪にとってスタイリング剤とはマストアイテムとなっています。

逆に言えば巻くだけでは、キープさせることもできないのでスタイリング剤をしっかり使いこなしましょう。

ぜひ、参考に。

 
Site map


チェックエントリー

シャンプー剤の教科書

くせ毛の教科書

スタイリング剤

洗い流さないトリートメント



 
この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.