髪に関わるさまざまなことに特化した美容師ブログ

きしろぐ

月別カテゴリー

初めて人へ!髪に関わる役立つ記事・読みたい記事が分かる「髪知識の厳選サイトマップ」はこちら







【ジェルとワックスを混ぜる3つのテクニック】美容師がスタイリング術を解説!

 
WRITER
 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

スタイリング剤をよく使う人ではこういう悩みがあります。

  • ジェルだと固まりすぎる・・
  • ワックスだとツヤ感がもの足りない・・

そんな時に便利なテクニックとして、ジェルとワックスを組み合わせてスタイリングするというのがあります。

これがまた良い質感をつくりだしてくれる上に、スタイリングもしやすいスタイリング剤を、自分好みに調節できるのでとても使い勝手が良いのです。

そのために、お客さまにアドバイスすることが多いスタイリング術の1つです。

今回の記事ではは、ジェルとワックスを組み合わせ、混ぜるテクニックについてを分かりやすくご紹介していきます。

ジェルとワックスの違いについて

まずは、ジェルとワックスの違いについて知りましょう。

きし

ワックスとジェルには大きな違いがあって使い分けをしているスタイリング剤です♪

つま

スタイリング剤のカテゴリとしても違いがあるジェルとワックス。

ジェルとワックスの違いはいくつかありますが、「ドライ感」か「ウェット感」が1番大きな違いとなるでしょう。

さらに、ワックスはさまざまな種類もあり初心者〜上級者まで愛用している剤ですが、ジェルはその特異性からか中級者〜上級者向けの剤となっています。

関連記事:スタイリング剤の種類がどのくらいあるのかを簡単にまとめてみた

ワックスの特徴

  • セット力が弱いものから高いものまで
  • ドライ・マットな質感になる
  • 粘度が軟らかく初心者向け

ジェルの特徴

  • セット力が高い
  • ウェットな質感になる
  • スタリング力が必要になり上級者向け

本来は使い分ける必要がるジェルとワックスです、

使い分けることで質感をコントロールしてスタイリングをワンアップさせることができるのです。

ジェルとワックスを混ぜるおすすめの「3つのテクニック」

次に、ジェルとワックスを混ぜるおすすめのテクニックについてを紹介していきます。

きし

男性でも女性にでも使えるので、ぜひご参考くださいね♪

つま

そもそも「なぜ混ぜるのか?」ということを考えたときに、自分の好みのちょうど良いスタイリング剤をつくるという目的があります。

上記に記載していますが、ワックスもジェルもそれぞれの特性があります。

それらを組み合わせることによって、ちょうど良い質感をつくることができる(ワックスとジェルの間のようなもの)

ちょうど良いというのは、スタイリングのしやすさ、剤の伸び加減、質感やキープ力などさまざまな要素です。

これが、ジェルとワックスを混ぜることの最大のメリットとなります。

混ぜるテクニックでポイントになることは3つあります、

  1. 割合の法則
  2. ソフト+ハードが基本
  3. しっかり馴染ませる

それぞれを分かりやすく解説していきます。

ワックスとジェルの混ぜる「割合の法則」

いくつか調節例をご紹介します。

  1. ジェル(2):ワックス(1)
    ジェルの質感寄せ
  2. ジェル(1):ワックス(2)
    ワックスの質感寄せ
  3. ジェル(1):ワックス(1)
    中間

このようにして、割合の法則を知ることが重要になります。

「ジェルの特徴が好きだけど、もう少しスタイリングしやすくしたいな〜」

という悩みがあるのならば、①がおすすめ。

「ワックスの特徴が好きだけど、もう少しツヤ感が欲しいなぁ〜」

という悩みがあるのならば、②というような好みになります。

慣れてくるとさらに調節の量を自分の好みにしたりもしますが、基本の法則を理解しましょう。

ぼくは、ジェルを使う時は、ジェル(1):ワックス(4)の割合で使います。髪自体が細毛なのでワックスのほうが多めです。

髪質によって調節を入れたりすると、ちょうど良い感じをつくれたりもしますのでおすすめです。

ジェルとワックスを混ぜるのは「ソフト+ハードが基本」

基本はソフト+ハードか、ハード+ソフトなどの組み合わせが基本となります。

  • ハードジェル+ハードワックス

スタイリング剤のハードタイプで共通しているのが「速乾性」が高いことです。

そのためにハードとハードを組み合わせると、どれだけスタイリングが上手くても、上手くいくことはできません。

ジェルは特に速乾性が高いので、できるだけ使いやすいジェリーなどがおすすめです。

関連記事:【ウェットのスタイリング剤ならこれ♪】ミルボンの「ニゼル ドレシアコレクション ジェリー」の特徴と使い方

それぞれの特徴を活かすためには、ワックスorジェルどちらかはハードでどちらかはソフトにしましょう。

ジェルとワックスはしっかりと「混ぜて馴染ませる」

ジェルとワックスを混ぜる時には、両方のスタイリング剤をしっかりと混ぜわせるということが大切です。

しっかりと混ぜ合わせて、馴染ませることで、それぞれの特徴を上手く活かすことができるのです。

ジェルとワックスを上手く馴染ませて混ぜるポイントは、

  1. 先にワックスを手の平で伸ばしておく
  2. 次にジェルを手の平に伸ばしていく
  3. 人差し指でワックスをジェルと馴染ませていく
  4. 次に手の平全体でしっかりと混ぜ合わせる

このようにしていくと、馴染みがとても良くなりやすいです。

ワックスは固形タイプなので固めのものをチョイスすると混ざりにくくなります。さまざまな硬さのあるワックスで自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

関連記事:サロン専売品「デミ・ウェーボデザインキューブ」シリーズを美容師が分かりやすくご紹介

髪が短い時は、ハードでも良いですが長くなってくるとソフトに移行させるようにすると、スタイリングがとてもしやすいです。 

ジェルとワックスを混ぜるテクニックをまとめると・・

ジェルとワックスを混ぜるテクニックはコツを掴めばそれほど難しくはありません。

きし

簡単に可愛くカッコよくするスタイリング術をぜひマスターしてくださいね♪

つま

ジェルとワックスを混ぜるテクニックについてをまとめてみました。

  • 割合の法則を知る
  • ソフト+ハードが基本
  • しっかりと混ぜ合わせるのが鉄則

これらのことを意識すると、それほど難しくなくスタイリングすることができます。

さらに、その日のスタイリングの感じでジェルの量を多めにしたり、ワックスの量を多めにしたりと混ぜるのも奥が深いです。

それだけでなく、仕上げにジェルだけでスタイリングするとウェット感が出せたり、ワックスだけでスタイリングすると動きが出せたりと、スタイリングの幅もさらに広がります。

今は、1つのスタイリング剤だけでなく、複数を組み合わせることで、スタイリングが楽しくなります。

ご参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
詳しいプロフィールはこちら






オージュアのサイトマップ

 

サロンカラーのサイトマップ

 










Copyright© きしろぐ , 2018 All Rights Reserved.